「Bowline2016」の大トリはもちろん、キュウソネコカミ。リハで「MEGA SHAKE IT!」をブチかまし、会場を熱くした状態で登場した彼らは「ウィーアーインディーズバンド」からライブをスタートさせる。「タワーレコードとその他CDショップが諦めない限り、俺はCDを作って売ってやる!」というヤマサキセイヤの宣言、性急なロックンロール・ナンバー「キュウソネコカミ」で観客の興奮は一気に頂点へ。さらにニューウェイブ風のスマフォ讃歌「ファントムバイブレーション」、“Oh〜フォトグラファー”という大合唱が起こった「サギグラファー」、鋭利で生々しいロックチューン「DQNなりたい、40代で死にたい」などの高揚感溢れる楽曲を連発。セイヤが観客の上を歩き、フロアの真ん中で“ヤンキー怖い”というフレーズを合唱すると会場にはえげつないほどの熱狂が生まれた。
「キュウソネコカミがバンドを呼んで全国を回るなんて初めてで、緊張しました。今日出てくれた人たち、全員大好きです! 俺らが選んだメンツで全国全部ソールドアウトしてくれてありがとうございます!」というセイヤの言葉も強く心に残った。ライブ後半では新曲「わかってんだよ」を披露。「悔しいこと、どうにもならんこともあると思います。わかってんのに出来ない、そんなときに出来た曲です」(セイヤ)というこの曲によって、切実なエモーションが響き渡る。そしてラストは「ハッピーポンコツ」。ポジティブなサウンドが広がり、会場は歓喜に包まれた。さらにアンコールに応え、「ブルース」「ビビった」を披露。イベントは凄まじいテンションのなかでエンディングを迎えた。
Text:森朋之 Photo:Viola Kam[V'z Twinkle Photography]